ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 相談事例集
相談事例集
 

相談事例143: 多重債務 〜専門家や公的機関に相談を〜


 銀行やカード会社、消費者金融に500万円の借金している。前から借金はあったのだがこの2年ほど収入が減り、生活費の補てんや、冠婚葬祭なども続いて金額が大きくなった。現在の収入では返済できない。どうすればいいか。(40代、男性)


●ローンやクレジットなど借金の支払いが困難になった場合、自分だけで何とかしようとすると、返って状況を悪化させてしまいます。返済のために借金を繰り返すこともあります。「ヤミ金」に手を出して自宅や職場に電話がかかり、精神的に追い詰められて自殺に至るケースもあります。

●借金問題で困ったら、弁護士などの専門家や法テラスなどの専門機関、消費生活センターなどの公的機関に相談しましょう。借金問題は必ず解決できます。代表的な債務整理の方法には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」があります。どの手続きが適しているかはケースごとに違うので、弁護士などとよく相談してください。

※おかしいなと思ったときは、すぐに最寄りの「消費生活センター」または「市町相談窓口」にご相談ください。

消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-823-1477

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.