ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 相談事例集
相談事例集
 

相談事例137: エステ店での高額契約


2週間前、友人に付き合ってエステ店に行き、友人を待っている間に肌のチェックを受けた。店員から「将来シミになる」と言われ驚いていると、「1年間はエステの無料サービスをします」と説明を受け、50万円の化粧品セットの購入契約をした。しかし、よく考えると高額で支払えない。解約を頼んだが再度説得され、解約してもらえなかった(20代 女性)。


●20歳を過ぎたばかりの社会経験の少ない消費者が、トラブルに巻き込まれるケースが続いています。無料体験をきっかけに、数百万円の化粧品購入や大理店契約をし、ローン返済に行き詰る深刻なケースもあります。

●事例の業者は、化粧品セットの契約でありエステはサービスと主張しました。しかし、実態は化粧品とエステの提供が一体の契約であるため、特定商取引法に定める「特定継続的役務提供」に当たると判断しました。契約書面の交付がなかったことを理由に、クーリングオフの手続きを支援しました。粘り強く交渉した結果、最終的には無条件解約で合意しました。

●エステティックサービスは、契約金額が5万円以上で、かつ契約期間が1か月を超える場合、契約書を受け取ってから8日以内であればクーリングオフできます。8日を過ぎても契約期間内であれば中途解約できます。契約は、支払い能力も含め慎重に検討してください。

消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.