ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

水道水の検査をした業者に、体に悪い水だと言われ浄水器を契約。


Question 3日前、「水道水の検査に来ました」と男性が来たが、水道局の人と思い対応をした。水道水をコップにとり実験を始め「水の色が変色する。子供にこのまま飲ませていたらアトピーになる。」と言われ不安になり、浄水器の購入契約をした。後で夫に話したところ、高額すぎると反対されたので、やめたい。


Answer 水道局の職員を装って訪問したり、水道水に含まれる塩素に反応する試薬を使った実験をしてみせ、消費者を不安にさせて浄水器を販売するものです。
 この事例では、浄水器を取り付けてあったとしても、契約書を受け取って8日以内ですのでクーリング・オフができます。クーリング・オフ期間が過ぎた場合も、業者が勧誘に際し、「このまま飲ませていたらアトピーになる」などとウソの説明をしている場合には、契約を取消すことができます。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.