ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

高齢の父が訪問販売で高額な健康食品を買わされた。


Question 5日前、一人暮らしの父が訪問販売で高額な健康食品を買わされた。「足の痛みが治る。」と説明され、1本は開けて飲んでいる。効果もなく必要ないので、契約を解除し返金してほしい。


Answer 訪問販売は、契約書を受け取って8日以内であればクーリング・オフができます。ただし、開封分についてははクーリング・オフができなくなります。販売員が開封したり開封をするように指示した場合は、クーリング・オフができる可能性があります。 また、商品について事実と違う説明で契約したときは取消しもできます。
 この事例は、クーリング・オフ期間内ですので、クーリング・オフの通知を出しましょう。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.