ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

アパートを退去したところ・・・敷金が返還されない。


Question 2年住んでいた賃貸アパートを退去した。入居時に預けていた敷金は全額返してもらえると思っていたら、修繕費を差し引くと大家から言われた。明細書を見ると、クロス張り替え、畳替えやハウスクリーニング費用まで含まれている。自分は普通に暮らしており、修繕費の請求は納得できない。


Answer 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、貸主と借主の間に特約がない場合は、通常の使用による自然損耗はすでに家賃に含まれており、借主の故意・過失などによりき損・汚損した箇所についてのみ、借主に原状回復義務が発生するとされています。
 敷金の返還については、賃貸借契約書やガイドラインをもとに貸主と自主交渉することになります。解決しない場合は、少額訴訟や民事調停制度を利用する方法もあります。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.