ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

資格取得講座が終了していないからと、新たな契約を勧められた


Question 職場に電話があり、以前契約した資格取得講座が終了していないので、講座を継続するにはさらに契約が必要だと言われた。断っても何度も電話があり、仕事に支障があるので契約に応じてしまったが、解約したい。


Answer これは資格取得商法の二次被害です。電話勧誘による契約ですから、クーリングオフ制度で解除できます。また、終了していない継続の講座等の嘘の説明を信じて契約した場合は、取り消すことができます。
 他に「しつこい勧誘を止めるため、あなたの情報を抹消してあげる」といった事例もあります。特定商取引法では、契約を締結しない旨の意思を表示した者への勧誘の継続や再勧誘を禁止しています。きっぱり断ることが大切です。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.