ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

在宅ワークのためパソコン教材を契約したが、仕事がない。


Question 2年前、業者から電話勧誘でパソコン内職をしないかと勧められた。「仕事をするためには資格が必要で、教材費40万円必要だが、仕事の収入で払える。」と説明され、契約した。「仕事は途切れることはない。」と言われていたが、1ヶ月に4千円ほどの収入しかなく、それも会費として相殺され入金はない。契約を解除したい。


Answer 仕事を紹介すると言って、その条件として高額な商品等を契約させる商法を「内職商法」と言います。「特定商取引法」では内職商法を「業務提供誘引販売取引」として規制しており、契約書を受け取って20日間であればクーリング・オフができます。
 もし、クーリング・オフ期間を過ぎていても、業者は契約に際し事実と異なることを告げて勧誘し、それを消費者が誤解して契約した場合は、契約を取消すことができます。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.