ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 消費生活相談FAQ(よくある質問集)
消費生活相談FAQ(よくある質問集)
 

職場に投資用マンションの勧誘電話がしつこい、迷惑だ。


Question 職場に投資用マンションを買わないかと、勧誘電話がしつこくかかってくる。同じ職場の数人にも同じように勧誘がある。断っても電話をかけてきて、迷惑している。


Answer 買う気がなければきっぱり断りましょう。それでも勧誘が続く場合は、相手の名称や住所・連絡先・代表者名と免許の番号等を確認したり、宅地建物取引業法47条の二及び省令により「電話による長時間の勧誘その他の私生活又は業務の平穏を害する方法により困惑させることが禁止されている」ことを根拠に断ってください。
 業者の目的は、訪問の約束を取り付けることです。断るなら、電話の段階できっぱり断りましょう。断るつもりで会いに行くと、相手のペースに乗ることになります。


一覧へ戻る



消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-828-1014

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.