ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 相談事例集
相談事例集
 

相談事例94: ますますエスカレートするマンションの悪質な勧誘 ー増加する「強引・強迫」「長時間」「夜間」勧誘ー


 電話で勧誘があり、他県の投資用分譲マンション販売業者の説明を聞いた。@新築マンションが1室3,300万円の30年ローン。A購入後10年間は家賃収入を保証する。B購入者に一切負担は生じさせないなど、条件がいいことづくめだったので、2室の購入契約をした。しかし、購入総額が6,000万円とあまりにも巨額だったので、解約を申し出たが、クーリング・オフはできないと断られた。家族の反対が強いので解約したい。


・宅地建物取引業法により契約解除通知書を送付するよう助言した。
・また、業者が「法的手続きをとる」との事だったので、弁護士に相談するよう勧めた。
・その後、弁護士に委託し、「無条件で解約できた」との報告があった。


・電話で業者から強引に勧められても買う気がなければ、はっきりと断ること。
・強要されて契約してしまった場合は、お近くの消費生活センター等にご相談ください。
・暴力を振るわれたり、脅された場合は警察へ被害届を出してください。
・悪質な宅建業者の場合は、免許を授与している行政庁へ申し出てください。

消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-823-1477

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.