ながさき消費生活館
AND OR
文字の大きさ   標準大特大

現在地:トップページ > 消費者生活相談 > 相談事例集
相談事例集
 

相談事例120: 求職者狙う出会い系サイト(「簡単に収入」気を付けて)


1週間前、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の口コミをみて無料の副業サイトに登録したところ、医者という男性から話し相手になってほしいというメールがきた。話し相手をする仕事だと思い、男性とサイト内でメールを繰り返した。そのうち男性が謝礼金1千万円を振り込むというので口座番号などを伝えようとしたが文字化けして送れない。文字化けを解除するには3千円を払い、サイトの本会員になる必要があると言われカード決済した。サイトの指示どおりに操作を試みたがエラーとなり、さらに1万円必要と言われた。その後何度もエラーが出て、修正のたびに費用を負担したがうまくいかない。カード決済額は50万円を超えた。支払いたくない。(30代、女性)


副業や内職などの仕事を探している人が、ネット情報で知った高収入をうたった無料の副業サイトを信用して登録したところ、出会い系サイトの登録になっていて高額な被害にあうケースが増えています。
例えば「メールで相手の悩みを聞けばお金がもらえる」などとだまされて、次々にメールを送受信するための高額なポイントを購入させられたり、事例のようにお金を受け取るために「文字化け解除」「相手と会員ランクをそろえる必要がある」などいろいろな理由でお金を払わせられます。
相談事例では、相談者が保存していたサイト情報やメールのやり取りを基に、問題点や苦情内容をサイトとカード会社、決済代行会社に書面で送り、センターであっせんしました。最終的には全額取り消しとなり、取り消しの処理まで確認して相談終了としました。
このケースは相談者が証拠になるサイト内の受信メールを全て保存していたので、だまされた経緯を詳細に主張することで幸いに解決できましたが、解決が難しい事例も少なくありません。特に、現金払いやコンビニなどで購入できる電子マネーで支払った料金は救済が困難です。
簡単で確実に収入が得られる副業などありません。トラブルに巻き込まれないように次のことに気をつけてください。 ▽「お金をあげる」「メールで悩みを聞くだけ」などの広告やメールに注意 ▽メール交換、ランクアップなどのサービスを受けるたびに料金が発生する仕組みのものは危険 ▽身分証明書などの提示を求められても安易に個人情報を教えない。
不安に思うことがあれば、メールなどの証拠を保存し、すぐにお住まいの市町の相談窓口や消費生活センターに相談してください。

消費者生活相談
相談事例集
消費生活相談FAQ
電子メール相談
相談統計
多重債務者対策
気をつけて!架空請求



サイトマップ
関連リンク集


このページのトップへ

 トップ   センターのご案内   消費生活相談   消費者教育・啓発   消費者を守る制度   相談事例集   メール相談 

長崎県消費生活センター
〒850-0057 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4F
TEL :095-823-2781、095-824-0999(相談専用)
FAX :095-823-1477

Copyright 1996-2011 Nagasaki Prefecture.All Rights Reserved.